会社情報

沿革

1957年 株式会社鷹取製作所(現大阪事業所)、三井造船株式会社の完全子会社として設立
Takatori Manufacturing Co., Ltd. established as a 100% owned subsidiary of MES.
1963年 三井ドイツ・ディーゼル・エンジン株式会社(現東京事業所)、三井造船株式会社とドイツ社との合弁会社として設立
Mitsui DEUTZ Diesel Engine Co., Ltd. established as a Japanese-German joint enterprise.
1974年 三井造船アイムコ株式会社、三井造船株式会社と米国エンバイアロテック社の合弁会社として設立
Mitsui Zosen EIMCO, Inc. established as a Japanese-American joint enterprise
1998年 三井ドイツ・ディーゼル・エンジン株式会社と三井造船アイムコ株式会社が、三井造船株式会社の完全子会社となる
Mitsui DEUTZ Diesel Engine Co., Ltd. and Mitsui Zosen EIMCO, Inc. became 100% owned subsidiaries of MES.
1999年 三井ドイツ・ディーゼル・エンジン株式会社と三井造船アイムコ株式会社が合併し、三井造船マシナリー・サービス株式会社となる
Mitsui Zosen Machinery & Service, Inc. created through a merger of Mitsui DEUTZ Diesel Engine Co., Ltd. and Mitsui Zosen EIMCO, Inc.
2001年 株式会社鷹取製作所と合併
Takatori Manufacturing Co., Ltd. merged with Mitsui Zosen Machinery & Service, Inc.
2011年 三井造船株式会社から、ゼオライト膜脱水装置事業を移管
MES's Membrane Dehydration Technology transferred to Mitsui Zosen Machinery & Service, Inc.

このページのトップへ